2014年08月01日

【6市のみなさんへ】第4回 思いやりコミュニケーション(東久留米住宅ふれあいの会)


思いやりコミュニケーションとは、
NVC(ノンバイオレントコミュニケーション)をベースにした
コミュニケーション方法です。

目指すのは、人と人とのやさしく豊かな質のつながり。

家族間、コミュニティ内、社会生活の中で必ず出てくる
人間関係の悩みや問題にどのように人に向き合っていくか、
思いやりコミュニケーション方法について学んでいきます。

※新規の方は、必ずご予約お申し込みをお願いします。
 尚、新規の方は、15分前にはおいでください。
 お子さんの保育は事前に3日前までにお申し込みお願いします。
 ご予約のない方は参加できませんのでご注意ください。

【8、9月のご案内】

東久留米住宅ふれあいの会の
8月のふれあいcafeのご案内

★ 8月31日(日) 10時〜12時

★ 9月5日(金)17時〜
ふれあいcafe「立教大学の学生さんと一緒に遊んだりお話をしてみませんか?」
19時くらいから。場所は東久留米住宅集会室。
花火と軽食でみんなで楽しみましょう♪

-----------------------------------------------------------

◇内容  思いやりコミュニケーション

      4)悼みを共感的に受け入れる
       NVC(ノンバイオレント)コミュニケーションでは、
       悼むこととお祝いすることは同等のことと言われています。
       充分に悼みを感じきったその先にあるお祝いに
       たどり着くことを体験します。

◇日時  8月31日(日)13時〜16時半
      
◇定員  6〜10人
       *被災者は個人負担はありません。
       *支援者の方等は各自ふれあいの会への寄付と講師への寄付
        (通常6,000円/回のワークショップ)をお願いします。

◇会場  東久留米住宅集会所(東久留米市上の原2−4−18)   
      ※地図  http://bit.ly/1dGqaew
     
     【交通手段】西武バス
      東久留米駅東口から『東久留米団地』
      バス停下車徒歩5分

     【駐車場をご利用の方】
      事前にメール、お電話にてご連絡ください。

◇講師  川口久美子

      東京墨田区在住。2009年にNVCのマーシャル・ローゼン
      バーグの原書を読み、すぐに日本で開催された
      認定トレーナーフランソワ・ボーソレイユの2日間ワーク
      ショップに参加。そこでの出来事に衝撃を受け、NVCを
      もっと深く学ぶことを決意。

      日本のNVCコミュニティのコアメンバーとしてその後、
      毎年何度か企画される海外認定トレーナー招聘プロ
      ジェクトにスタッフとして参加し続けている。

      2012年、アメリカBayNVC主催の年間トレーニング
      であるリーダーシップトレーニング(LP)の卒業生。
      2013年、ハワイ在住のジム&ジョリ・マンスキー夫妻
      の来日プロジェクトをきくちゆみさんと共催。
      
      日本全国でワークショップを開催。
      そのつながりから、ジムとジョリからリーダーシップ
      トレーニングを継続して受講中。

      また同年、子キリンの日常ブログをはじめ、日々の
      NVCの気づきのシェアをはじめる。
      また同年、キリンの学校をはじめる。
      
      2014年、企業研修をスタート。NVCコミュニケーションを
      ベースにした手法を企業で使えるようにサポート。
      また個人向けのセルフヒーリングワークショップなども
      定期開催している。
     
◇連絡  ふれあいの会へメール
       fureai2013higashikurume★gmail.com
       (★を@に変えてご連絡ください)

-----------------------------------------------------------

◆連絡先 東久留米住宅ふれあいの会 電話問い合わせ窓口
       東久留米市社会福祉協議会 電話 042-475-0739
posted by きたきたB at 11:31| 6市全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

【6市のみなさんへ】原発被災に関する弁護士相談会(東久留米住宅ふれあいの会)

東久留米住宅ふれあいの会よりお知らせです。

福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク
(略称:SAFLAN)の弁護士が 東京電力の
損害賠償問題や避難生活でのお悩みをお聞きします。

また、わからない原発問題に関連した法律の
イロハの説明をいたします。
住まいに関することや原発被害に関するご相談など
この機会をご利用ください。

◇内容 原発被災に関する弁護士相談会
◇日時 7月13日(日)午後6時半〜8時
◇会場 東久留米住宅集会所(東久留米市上の原2−4−18)          
    ※地図 http://bit.ly/1dGqaew           
◇アクセス 
     西武池袋線 東久留米駅東口から西武バス
     『東久留米団地』行き 終点より下車徒歩5分      
 ※お車をご利用の方は、事前にメール、お電話にてご連絡ください。
◇出席 江口智子弁護士(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク) 
◇連絡・問い合わせ 
 ふれあいの会へメール
 fureai2013higashikurume★gmail.com (★を@に変えてご連絡ください)
 東久留米住宅ふれあいの会 電話問い合わせ窓口 
 東久留米市社会福祉協議会  042-475-0739

サフランとは?
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク
(略称:SAFLAN)は政府指示による
避難区域の外側からの避難者(区域外避難・自主避難)を
支援することを目的とした法律家のネットワークです。
政府指示による避難と比較して、区域外避難への
支援が遅れていることを懸念した東京や福島の
子育て世代の弁護士を中心に、原発事故後の
2011年7月に結成されました。
2012年3月25日現在、35名の法律家が
SAFLANに参加しています。

【東久留米市社協】
posted by きたきたB at 17:14| 6市全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

【6市のみなさんへ】 第2回 広域交流会  集まろう!話そう!避難者&支援者 at むさしの  を開催します!

東京都に避難されている皆さんへ

第2回 広域交流会
集まろう!話そう!避難者&支援者 at むさしの

日時:7月13日(日)13時半〜16時
場所:武蔵野公会堂(東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6番22号)
(吉祥寺駅南口・公園口より徒歩2分、井の頭公園手前)
参加費:大人ひとり100円

昨年11月に初めて開催したこの会。岩手、宮城、福島から避難された方30名と
支援者、ボランティアが集まり、故郷の方との出会い、おしゃべりに花が咲きました。
ご好評を受け、第2回の交流会を行います。
ゆっくりと過ごしていただけるつどいです。
みなさんのご参加をお待ちしています。

ほっと一息コーナーがあります
・本格コーヒー、マッサージ
・お下がり子供服
・託児あり(必ず申し込みをお願いします)

主催:むさしのスマイル(武蔵野市で避難者のお茶飲み場、よらんしょサロンを運営)
協力:東久留米住宅ふれあいの会、北多摩北部ブロック内避難者家族支援担当者連絡会(武蔵野市・小平市・西東京市・東村山市・東久留米市・清瀬市の各社会福祉協議会)、武蔵野まごころ連、東京YWCA武蔵野センター福福カフェ、NPO法人こどもプロジェクト、人の輪ネット、読み聞かせボランティア交流会「ヒッポ」、Cafe黒丸屋、きらきら星ネット、公益財団法人オイスカ 森のつみ木広場、NPO法人清瀬こども劇場
(平成26年度福島県ふるさとふくしま帰還支援事業)

問合せ→むさしのスマイル事務局 電話&FAX 03−3920−2512(松尾)メールでも可
申込→7月7日(月)までに、電話・FAX・メールのいずれかにて
お名前・ご住所・電話番号・震災前の居住自治体名(席次の参考にします)お子様連れの場合は年齢を
お伺いします。
メールアドレス→musashino.smile★gmail.com
           (★を@に変えてお送りください)

開催案内チラシはこちら→第2回広域交流会.pdf
個人情報は厳重に管理し、この会の運営のみに使用いたします。
posted by きたきたB at 11:36| 6市全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。